CROSS FOODS ニュースレター発刊にあたってのご挨拶

わたしたちJEXPOは、日仏シェフのみなさまと食品業者さまのためのWEBコミュニティ、CROSS FOODSの発足準備を進めています。CROSS FOODSでは、両国シェフがレシピ交換など交流するなか、シェフは、日本の食品業者・生産者に対して、探している食材をリクエストしたり、反対に、日本の食品業者・生産者は、シェフへ自社の食材のPRを行ったりできます。

正式発足は、2016年7月の予定。CROSS FOODSでは、正式発足に先立ち、シェフ向けに、このニュースレター配信を開始します。このニュースレターでは、2週間に1回程度、毎回日本の食材を取り上げて紹介します。シェフは、その食材のサンプル依頼ができます(下記)。以降、 → 業者がサンプル発送 → シェフが試食・試供 → 商談 → 成約というメールのやりとりをテストします。翻訳はCROSS FOODSがサポート。ここまで無料です。
テストではありますが、シェフはその食材を実費で購入することもできます。

わたしたちが紹介したい日本の食材は、どれも良質なものです。しかし、その生産者や加工業者は、いずれも小規模であったり、日本国外との取引経験がなかったり、という方々がほとんどです。フランス語はわからないし、フランスのシェフと話した経験もないし、ITも苦手です。日本以外の商慣習を知りません。ふだんは、日本でのんびり生活しています。

加えて、CROSS FOODSの正式発足は、2016年7月の予定。システム構築を行うのは、これからです。ですので、シェフと食品業者とのやりとりの翻訳や、それに伴うメッセージのやり取りは、すべてCROSS FOODSが手作業でサポートします。シェフのアドレス等は、食品業者には原則公開しません。ですので、対応が遅れたり、翻訳などを介したとしても、コミュ二ケーションが円滑に進まないことがじゅうぶんありうると予想しています。

そんなところではありますが、このような取組は、画期的であり、発足前からシェフから関心と共感をもっていただいていることは、本企画に取り組むCROSS FOODSのスタッフにとって、励みになります。そして、日本の食品業者は、日本から送ったサンプルに対して、シェフのみなさまからコメントや、試作の写真や、フランスの食習慣につてアドバイスなどをもらえたら、びっくりしながら、とても喜ぶでしょう。同時に、シェフのみなさまが、これまで体験したことのない新しい味に出会い、ひいては、新しいメニュー等としてみなさまのお客さまを喜ばせることのお役に立てるのであれば、サポートするわれわれCROSS FOODSのスタッフをふくめ、本当に誇りに思います。

これから正式発足するサービスのテストです。どうか、寛容に接していただけたら幸甚に存じます。そして、CROSS FOODSが提供するサービスにご要望等いただけましたら、システム構築に活かしていきます。

今回ニュースレターで紹介した食材のサンプルをご希望の方は、下記よりお申込くださいませ。サンプル提供できる数量が限られるため、わたしどものテスト主旨にご理解いただき、よりご協力いただけるみなさまに優先して発送させていただきます。

http://chefs.cross-foods.net/jp/product_list/

みなさま、発足までの期間は、このニュースレターを通して、CROSS FOODSに引き続きご参加いただけましたらありがたく存じます。

CROSS FOODS 企画責任者
JEXPO LLC 堺武志